旬の味覚を堪能する

南あわじの近海で獲れる旬の魚介類はそのまま活造りに。
また鯛は豪快に宝楽焼にして味わって頂きます。
春の鯛と秋の鯛でも味が違うんですよ。
ぜひ食べ比べてみて!

※夕食は、部屋食または個室でゆっくりとお召し上がりください

活造り・宝楽焼コース

画像をクリックすると大きくなります。

魅惑の宝楽焼

素焼きの土鍋(これが、ほうらく!)に熱した那智黒石を敷き詰め、鯛などの魚介類を並べて蓋をし、焼いたものが淡路島名物「宝楽焼」です。口の中でほぐれる身の柔らかさ、魚介の凝縮された旨みがたまりません!奈良時代に大和の宮人たちが御原へ狩猟に出た折、淡路海女が海の幸を野焼きにして献上したのが始まりとされています。

おすすめの一品

淡路牛の筋繊維が細かくやわらかく「霜降り肉」となります。
そのとろけるような食感、肉の旨みと脂肪の香りが絶妙にとけあい、まろやかな和牛独特の美味しさを醸し出しています。
淡路が誇る絶品をご堪能ください。

WEB限定お得な宿泊プランはこちら

宿泊プラン検索