丸々太った3年ふぐを贅沢に食す。冬の淡路島名物3年とらふぐ。

てっさの画像

通常、ふぐの養殖は1年半から2年なのを3年かけて育て上げます。
鳴門海峡の荒波の中で育てられた3年とらふぐは身の締まりも味も最高!!
てっさ、てっちり、焼き・・・どれで食べても美味しさ満点です。

※夕食は、部屋食または個室でゆっくりとお召し上がりください

3年とらふぐコース

画像をクリックすると大きくなります。

3年とらふぐとは?

鳴門海峡の激流が生み出すミネラル豊富な天然の漁場で「3年とらふぐ」は国内産の稚魚のみ、3年間丹精込めて我が子のように育てます。

潮の流れが激しい為、身はぷりぷりに引き締まり、肉質・量ともに一味も二味も違う濃厚なものとなります。

これはぜひとも一度は食べておきたい淡路島の名物です!

おすすめの一品

淡路牛の筋繊維が細かくやわらかく「霜降り肉」となります。
そのとろけるような食感、肉の旨みと脂肪の香りが絶妙にとけあい、まろやかな和牛独特の美味しさを醸し出しています。
淡路が誇る絶品をご堪能ください。

WEB限定お得な宿泊プランはこちら

宿泊プラン検索